しつこいニキビに悩んで、皮ふ科へ行く人もいます。
皮ふ科での治療法は、どんなものなんでしょう??

皮ふ科ではおもに飲み薬やぬり薬で治療します。
症状によっては両方を処方される人もいるみたいです。

処方薬はいろいろな種類がありますが、
今回は「クリンダマイシンゲル」
というお薬にスポットをあてていきます。

クリンダマイシンゲルとは、炎症を起こした
ニキビに処方される、ジェル状のぬり薬です。

抗生物質のひとつで、強い殺菌作用を持っています。

必要以上に分泌された皮脂が毛穴につまって、ニキビができます。

ニキビの原因菌であるアクネ菌やブドウ球菌は、この
皮脂を栄養にして増えます。

クリンダマイシンゲルには、その活動をおさえるはたらきが
あります。

ニキビで炎症になっているところにいる
アクネ菌やブドウ球菌などを殺菌し、炎症を鎮めます。

1週間ほどで効果があった、という人もいるみたいです。

そこで気になることが・・・

「たった1週間で効果が出るなんて、強い薬
 なんじゃない?」

「副作用は大丈夫なの?」

そう、気になるのは副作用ですよね。

クリンダマイシンゲルを使った人全員に副作用が
出る、というわけではありませんがいくつかの
例があります。

これは他の抗生物質でも報告例のある
珍しいケースですが、
一番重いものは腸炎になった例があるそうです。

ぬり薬から腸炎、というと結びつきにくいかもしれません。

もし使用中、腹痛や下痢といった症状があったら、
すぐ使用をやめて医師の診察を受けてください。

その他、かゆみ、かぶれ、発赤、痛み、じんましん
胃腸の具合が悪くなる、といった例も報告されています。

このような症状が現れたら、使用を一時やめて
医師や薬剤師に相談してください。

副作用は、その人の体質や肌質によって違います。

ここにある症状以外でも、使用中に体調不良になったり
少しでも違和感を感じたら、使用を中断して病院に相談する
ようにしてくださいね。

他にも、アレルギーやアトピー体質の方、
妊娠中、授乳中の女性も使用には注意が必要です。

はじめにも言いましたが、クリンダマイシンゲルは抗生物質です。

抗生物質とは、体の中のウイルスや菌をやっつけるためのお薬で、
カビや微生物から作られます。
決して劇薬、というわけではありません。

医師の指示をきちんと守り、正しく使うことが
つるつる肌への近道です☆

クリンダマイシンゲルの正しい使い方と
注意点

クリンダマイシンゲルが処方されれば、医師や薬剤師から
用法や用量の説明があると思いますが、
ここでは一般的な使い方と注意点に触れていきます。

クリンダマイシンゲルは、1日2回、洗顔の後に使います。

洗顔→化粧水→クリンダマイシンゲル
の順で使うといいです。

ここでひとつ注意したいのが、クリンダマイシンゲルを
ぬる時、炎症になっている部分だけにつけて
ほしい、という点です。

正常なお肌にぬることが続いてしまうと、肌の機能を
弱めたり、もとからいる悪さをしない菌や
微生物まで殺菌してしまうおそれがあります。

たとえばアクネ菌の場合、てきどにお肌にいる場合は
肌を中性にし、皮ふの保湿をうながす性質があります。

クリンダマイシンゲルでアクネ菌を減らしすぎてしまうと、
お肌の状態を悪くしてしまいます。

このようなことをさけるため、クリンダマイシンゲルを
ぬるのは炎症部分だけで、正常なところには
ぬり広げないようにしてください。

そして、クリンダマイシンゲルを使う期間は
基本的に4週間です。

4週間で効果のない場合はいったん中止して
医師に相談してください。

長く使っていると、菌が薬にたいして抵抗力を
得てしまい、薬が効かなくなってしまうことが起こります。

ニキビケアは、洗顔&保湿が基本です。
それを前提として、正しいニキビケアをして
つるつる肌を手に入れてくださいねっ(^−^)