もうね、花粉は最悪ですよ。。。。

花粉症といえばくしゃみや鼻水、目の
かゆみなどで、おもに粘膜が大変なこ
とになる人が多いですね。

しかし、花粉は、粘膜だけじゃなくて
肌にも直接ダメージが行くんです!

「花粉とニキビ」

まったく関係なさそうに感じますが
実はかなり密接に関係しています。

花粉は、アレルギーを起こす「刺激物」

花粉そのものが肌に刺激になるのはもちろん
花粉が飛んでいる時期にほかの原因で肌が
弱っていたり体の免疫力が落ちていれば花粉
がニキビの原因になることもあるんです。

また、スギ花粉の舞う春の初めは空気が乾燥
しているのでお肌も乾燥しやすいです。

紫外線の影響が出始めるのも春です。

それから、春は進級や進学
引っ越しなど環境が大きく
変わることが多いですね。

環境の変化は大きなストレスに
なることが多いです。

ストレスからニキビになることもあります。

花粉がニキビの原因になることは
さることながら、悪化の原因も多い
「春」という季節。

どのように対策したらいいか?
なにに気をつけたらいいか、
一緒に考えてみましょう☆

基本的なことですが
花粉症の人は花粉症の治療を
おこなってください。

症状によって受診する科は異なります。

花粉症の治療は
耳鼻科や眼科、内科で
おこなわれます。

アレルギー科があればベストです。
早めに受診してください。

症状が軽い場合でも、病院の治療を
受けた方がいいです。

早めの対策は時間もお金も節約できます。

肌に関しては基本的な対策を
しっかりおこなうことが
大切です。

季節を問わず、洗顔→保湿のステップ
を必ず守ってください。

花粉で肌が荒れやすい人は
その時期だけ敏感肌用の
化粧品に替えてもいいです。

使用前には必ず
パッチテストをしてください。

そして花粉を肌につけないようすることです。

ふつうの花粉対策と同じで
マスクやサングラス、帽子で
花粉が肌につくのを防ぎます。

上手に活用してください。

マスクは顔に直接ふれるものです。
清潔を保ってください。

それから、すっぴんでの外出は控えてください。
花粉にたいして無防備です。
かといって、厚いメイクはお勧めできません。

厚いメイクだと、落とすとき
ゴシゴシとクレンジングしがちです。
必要な皮脂まで流れてしまいます。

石けんで落とせる程度のメイクにしてください。

外出時の服装も工夫があれば
なおヨシです☆

フードやポケットは花粉が
入りやすいです。あまり
すきまのないものがいいです。

素材も、ツルツルしたナイロン
ポリエステルは花粉がつきにくいです。

上着などにチョイスしてみてください。

花粉が多く飛ぶ冬〜春は徐々に
気温が高くなります。

朝晩で寒暖の差が激しい日もあります。

実感が無くても
お肌の具合も、温度や湿度に
よって変化します。

また、春先は高気圧と低気圧が
交互にやってきます。

お天気が不安定になりますね(>_<)

このような気候は、自律神経の
バランスを崩し、いろいろな
体調不良を起こしやすくなります。

自律神経の乱れはホルモンバランスを
崩します。

血行が悪くなり、ターンオーバーが
乱れやすくなってしまいがちです。

天気を変えることはできませんが
天候の変化に強い体質・肌質を
つくることが大切です。

規則正しい生活、適度な睡眠と
運動やバランスの良い食事を
心がけてください。

入浴はシャワーで済ませていませんか?

私は、湯船につかってじっくり
温まるのを強くおススメします。

もとはシャワー派でしたが
湯船で温まるようにしてから
肌も体調もとても良くなりました。

血流を良くするだけでなく
リラックス効果もあります。

時間がなくてもぜひ入浴は
温かいお湯に浸かって
体を休めてください。

花粉の季節は、毎年必ずやってきます。

体やお肌を整えつつ
ストレスに負けずに
うまく乗り切ってください!