コーヒーや紅茶はお好きですか?

私は午後のひととき
コーヒー片手に外を眺めるのが
日課です。

ちょっとした自分への毎日の
ごほうびでもあります。

ひと息つきたいとき
一杯のお茶はのども心も
うるおしてくれます。

ではなぜお茶を飲むと落ち着くのでしょう?

それは、コーヒーや紅茶に入って
いる、「カフェイン」の効果です。

カフェインは人の体に
良くも悪くも影響が
あります。

いいところは、眠気覚ましに
なったり、偏頭痛の緩和
脂肪の分解をうながすなどの効果です。

脳卒中や肝臓ガンのリスクを減らす
ともいわれています。

逆に、悪い面はなんでしょう?

カフェインは依存症を起こす
可能性があります。

毎日たくさんとり続けると
カフェインをとらないでいると
不安や焦りを感じるようになります。

胃液の分泌をさかんにするので
胃を痛めることがあります。

また、血圧を上げるはたらきが
あるので、血圧が高めの方は
注意が必要です。

これ以外にも良い面悪い面
ともにさまざまあります。

「じゃあ、お肌に対しては?」

お肌やニキビに関しても
良い面悪い面があります。

「お肌にいいので積極的に
飲みましょう!」

「お肌に悪いので、飲まないで!」

どちらとも言えません。

「てきどに」摂取するのが
いちばん良いです。

お肌への影響と
どの程度とったら良いか
あわせて考えていきましょう。

で、カフェインは肌に良いの?悪いの?
どっちなの!?

コーヒーや紅茶を飲んだあと
トイレが近くなった・・・
という経験はありませんか?

カフェインには利尿作用があります。

この利尿作用によって体内のビタミンや
ミネラルが尿となって体外へ
出されやすくなります。

ビタミンBは水に溶けやすい性質です。

同時に尿として排出されやすい
性質をもちます。

とくにビタミンBはニキビ治療
予防に欠かせないビタミンです。
不足すれば肌が荒れやすくなります。

ですが利尿作用によって
体内の老廃物も排出されやすく
なる、という一面ももちます。

それから、カフェインは自律神経を
交感神経を優位の状態にします。

こうなると、男性ホルモンが活発化します。

男性ホルモンが活発になると
皮脂の分泌が増え、ニキビの
できやすい状態になります。

砂糖やミルクを使う人も
注意が必要です!

砂糖は皮脂を増やし
コーヒーミルクにはトランス脂肪酸が
含まれます。

どちらもニキビに悪影響です(>_<) 続いてはカフェインがお肌に 与えるいい影響についてです。 カフェインは血流を良くし 新陳代謝を活性化 させます。 これは健康面すべてにおいていい はたらきですが、お肌に関していえば ターンオーバーが正常にはたらき 冷えや乾燥を防ぎます。 それから、コーヒーには クロロゲン酸という ポリフェノールが多く含まれています。 コーヒー1杯(140cc)あたり280mgです。 赤ワインと同じくらい 緑茶に関しては約2倍の量です。 クロロゲン酸はニキビには 大敵の活性酸素を退治し メラニンの生成をおさえます。 紫外線の影響から守ってくれるんですね。 また、クロロゲン酸には体内で脂肪を 燃焼させる効果もあります。 皮脂も減らすことができ ダイエット効果まで期待 できちゃうというすぐれものです! 以上のようにカフェインは いちがいに「良い」「悪い」 とはいえないものです。

守りましょう!1日の摂取量

カフェインの1日の摂取量の目安は
「400mg」です。

健康な成人の場合の数値です。

コーヒー約2〜3杯分
ほどの量です

また、コーヒーや紅茶以外にも
炭酸飲料や栄養ドリンクに
入っていることがあります。

注意してください。

1日の摂取量を守れば
すばらしい効果が期待できます♪

「肌に悪いからコーヒー
今すぐやめなさい!」
なんて結果にならなくてよかった・・・

無類のコーヒー好きの私、この記事の
取材をしながらドキドキでした(笑)

あなたもカフェインとうまく付き合ってください☆