あなたが使っている化粧品には、油分が
入っていませんか??

実は、化粧品の油分がコメド(角栓)を
誘発する原因になる場合があります!


ニキビ肌は、脂の膜である皮脂膜でつねに
覆われています。しかし、この油分は
悪者ではなく、肌を乾燥から守って
くれるのです。

で、脂が入っていれば、どんな化粧
品でもいいわけではありません。

安物の化粧品は、使われてる油分が
粗悪なので、空気に触れると酸化し
やすく、ニキビの原因になりやすく
なってしまいます。

そこで、ニキビの原因になりにくい
油を使っているノンコメドジェニック
がオススメです。

ノンコメドジェニックとは?

ノンコメドジェニック化粧品は
ニキビの元であるコメド(角栓)が
できる可能性が低い成分の化粧品です

ノンコメドジェニックとオイリーフリー
があります。ニキビに悪いとされる油分
などと結合していないものです。

ニキビになりやすい油分には、

「イソプロピルイソステアレート」
「オレイン酸」
「オリーブ油」

などがあります。

しかし、ノンコメドジェニックに使
われる油は「アボカド油」「グリセリン」
などの保湿成分はニキビができにくいです。

ノンコメドジェニックの化粧品は、
こういったニキビになりにくい油分を
使っているのです。

ニキビを誘発しやすいのは油分だと
考えられがちですが、化粧品の油分が
すべて誘発しやすいわけではありません。

油分は肌の保湿をするため必要です
乾燥肌の場合、保湿できていない
バリア(肌表面の皮脂)が薄いのです。

化粧品として、水分の蒸発をさせない
フタをするのには油分がもっとも
適していて効果があるのです。

残念ながら、ほとんどニキビの治療効果はないです。。。

ノンコメドジェニックの化粧品には、
ニキビを治してくれるような成分は
入っていないです。

あくまでも「ニキビになりにくい化粧品」
というだけであって、治療してくれる
ような成分は入っていないのがほとんど。

ノンコメドジェニックを使っていても
生活習慣が悪ければニキビは増えます。

「ノンコメドジェニックだから!」
といってたくさんつけても効果は
変わりません。

ニキビ肌にオススメのノンコメドジェニックの化粧品!

ニキビ肌にオススメなのはこれです!

富士フイルムから出ている「ルナメアAC」
これは使った感じもさっぱりしていて
オススメです。

ルナメア