生理前のニキビ、なんでできてしまうん
でしょうか??めっちゃ困りますよね。。。

実は、それは、黄体ホルモンという女性
ホルモンのしわざなんです。

女性ホルモンの種類には2種類あります
[colored_box color=”light‐red” corner=”r”]
卵胞ホルモン(エストロゲン)
黄体ホルモン(プロゲステロン)
[/colored_box]
という二つのホルモンです。

生理前のニキビを増やさないためには、
黄体ホルモンの量を一定に安定させる
ことが超タイセツなんです!

女性のイラスト卵胞ホルモンとは女性らしさ、美しさ、
若々しさをサポートするホルモンです。

そして、黄体ホルモンとは、妊娠、出産
をコントロールするホルモンなんです!
なので、カラダの組織、内臓や肌などに
影響が出やすいのが黄体ホルモンです。

黄体ホルモンのコントロールが少しでも
乱れると肌にも影響を受けてニキビに
なってしまうのです。

生理前になるとニキビができる人結構
多いですもんね!これは黄体ホルモンが
増えて皮脂を増やしているからです。

黄体ホルモンでニキビができる原因

生理2週間前ぐらいになると黄体ホル
モンが皮脂の分泌を盛んにし毛穴にた
まってニキビができやすくなるのです。

生理2週間前ぐらいには脂分の多い食事を
避けて果物や野菜を多めにとって下さい。
ビタミンCのサプリも一緒に飲むと◎

乾燥また、黄体ホルモンの影響で肌の水分量
が失われ、乾燥もすすみます。

乾燥すると肌のバリア機能も弱まるので、
さらにニキビができやすい状況になって
しまいます。

水分を蒸発させないために皮脂が存在
しているわけなんですが、黄体ホルモン
は、肌の水分量を減らして皮脂の分泌を
増やしてしまうのです。

 

肌の水分と皮脂のバランスを崩してし
まうんですねー。

こうなると肌の表面は大パニック!

バリア機能が弱まり、アクネ菌が繁殖
したりしてニキビができやすくなって
しまいます。

生理前にニキビを増やさないための2つのコツ!

生理前にニキビを増やしたくないからと
言ってホルモン剤などでホルモンバランスを
人工的に変化させるのはオススメできません。

確かにニキビは減りますが、吐き気、頭痛、
腰痛などの生理痛をさらに激しくした痛み
が襲ってきます><

なので、栄養と水分補給に徹して下さい!

1、生理前のニキビに効果的な果物を食べる。

ザクロ[icon image=”arrow4s-r-r”]ザクロを食べる!もしくはザクロジュースを飲む!
ザクロには、ホルモンバランスを安定させ
てくれる効果があるので飲むとニキビが
できにくくなります。

市販で売られているザクロジュースでも
問題はありませんが、糖分が多いので飲み
過ぎるとカラダを冷やしてしまうので注意!

大豆食品[icon image=”arrow4s-r-r”]大豆食品を多めに食べる!
大豆のたんぱく質は、弱って傷ついたカラダ
を修復する効果があります。大豆のイソフラ
ボンという成分が女性ホルモンを安定させて
くれます。

そして、大豆に含まれるたんぱく質は、荒れた
肌の調子を整えてくれるんです!!!!

3度の食事に、豆腐や、納豆、煮豆を取り入れ
て下さい。

2、水を1日2L飲む!

私は、水は味がなくて飲むのは苦手です。。。。
でも、ニキビができるよりマシなので頑張って
飲みました!

ミネラルウォーターを飲む女の子

生理前に発生する黄体ホルモンは、カラダの水分
を奪います。すると、顔の水分量も下がります。

ガサガサの肌になってしまうんです。

ちなみに、生理前の便秘も黄体ホルモンによる
便の水分不足が原因です。こうした水分不足を
防ぐために水を1日2L以上飲みましょう!!

水が優先的にカラダの中で使われる場所は、
脳や胃腸です。肌まで水分を行き渡らせる
ためには1日2L飲まないと足りません!!

なので、水はこまめに飲むようにしましょう!
ジュースやお茶ではダメで真水を飲んで下さい。