洗顔ブラシ

洗顔ブラシは確かに、よく汚れが落ちるんです。

角質をはがすピーリング効果があるので、
古い肌の角質をキレイに洗い流します。

「洗顔ブラシを使ってから毛穴の黒ずみが落ちた!」
なんて意見も多いです。

でも、ニキビ肌の方には刺激が強いので
オススメできません。

また、ブラシを使用後にしっかりと水気を
切らないと雑菌が繁殖します。お手入れを
しないと雑菌だらけのブラシを使う事になって
それを顔に。って想像したただけでニキビが。><

ばい菌

かくいう私も実は洗顔ブラシを使っていました。

たっぷりの泡で顔を保護しながらブラシを顔に
使います。塗った瞬間は気持ちいいのですが、
何回もこすると痛いんですよ。

刺激になり、メラニンによる色素沈着の原因になったり、
皮膚肥厚(皮膚が厚くなる)原因にもなります。

しかし、洗顔ブラシはニキビ肌ではない人が
使う分なら大丈夫です。この場合は、なるべく
毛が柔らかいものを選びましょう。

柔らかい「馬の毛」を使っているものがいいです。

中には「何でこんなにブラシが硬いの!?」
なーんてのもあります。。。。汗

そんなブラシを使って洗うなんて信じられません。

最近では、電動洗顔ブラシなんてのがありますが、
アレはいけません。メーカー宣伝に踊らされないでください。
各メーカー、「電動ブラシを使うと肌が綺麗になるよー」と
謳っていますが、ニキビ肌の方には全く関係ないです。

むしろニキビ肌の人が使うと悪化します。

洗顔自体、お肌に負担がかかる行為なので、ブラシを使って
洗うのはニキビの肌にいいとは言えません。

洗顔は、ネットで泡を作って、その泡をクッションに、
顔に優しく泡を乗せてクルクル動かすくらいが理想。

そして洗顔後は、しっかりと保湿してお肌を保護!

洗顔ネットの泡で優しく洗うのがいちばんです!