硫黄はニキビの原因となる皮脂を抑えて
毛穴の角質を柔らかくする効果があります。

硫黄は、皮脂の分泌が多い思春期ニキビには
効果的です。化膿を止めたり、炎症を和らげ
たりします。

人間のカラダの中にも存在している成分で、
成人男性では140gほど体内に存在しています。

「それなのにニキビに逆効果ってどういうこと!?」

硫黄

思春期ニキビには向いてるけど、大人ニキビには使えない。

実は、大人ニキビには向いていません。

また、ニキビ跡にも効果がありません。

また、大人ニキビは乾燥が原因である事が多く、
このようなニキビには硫黄で治す事は不向きです。

硫黄には殺菌作用がありますが、同時に脱脂作用
もかなり高いのです。

大人ニキビは、肌が乾くと「もっと皮脂を出さなきゃ!」
と皮脂の分泌が過剰になって起きる事が多いのです。

「大人ニキビに硫黄を使ってしまうとどうなるか?」
[colored_box color=”red” corner=”r”]

「硫黄で乾燥」
[icon image=”arrow4s-r-b”]
「乾燥を感じた皮脂腺から皮脂が過剰分泌」
[icon image=”arrow4s-r-b”]
「皮脂が分泌されニキビのできやすい肌になる」

 


[/colored_box]

という悪循環に陥ってしまいます。
なので大人ニキビには硫黄は使わないようにしましょう。
硫黄で肌荒れしてガサガサになることもあります。

また、硫黄はニキビ跡にも効果がありません。
ニキビ跡は傷なので、ニキビ跡に硫黄を塗る
ということは傷に硫黄を塗るということになります。

硫黄には、ニキビ跡のような傷を治す効果はありません。

思春期ニキビには効果的!

思春期ニキビ 硫黄
10代の頃は男性ホルモンの分泌が盛んになります。
すると、皮脂の分泌も盛んになり、毛穴に詰まって
思春期ニキビができるのです。

「じゃあ、男性ホルモンを抑えればいいじゃん!」

と思うかもしれませんが男性ホルモンを抑えることはできません。
なので、硫黄で皮脂の分泌を抑えるのが思春期ニキビには効果的です。

市販されている、硫黄が配合されたクリームを買うより、
皮膚科での硫黄クリームやローションを使った方が効果は高いです。
医師に診察してもらった上で、硫黄のお薬を使うようにしましょう。

塗り方は、ニキビができている場所に、ちょこんと塗ります。
顔全体に塗ってしまうと肌荒れを起こすので注意しましょう。