レチノイン酸(トレチノイン)は皮膚科で貰える
薬です。日本ではまだ、薬局やドラッグストアで
市販されていません。

シミやシワを薄くするための薬ですが、ニキビ跡
にも使用する事ができます。

レチノイン酸レチノイン酸は皮膚のターンオーバーを早めて
新しい細胞をどんどん作っていきます。

表皮の一番下にある基底細胞を分裂させる速度
を早くします。それによって古い角質が表面に
押し上げられて新しい角質が皮膚の表面上に
現れるという仕組みです。

なので、肌の表面にあるシミやシワ、ニキビ跡
を徐々に薄くしてくれるんですねー。

また、お肌に元々あるコラーゲンの生成も促進
させます。皮膚の細胞には核がありますが、レチ
ノイン酸はこの核にくっついて細胞分裂の働きを
促進させたり、コラーゲンを生成したりします。

古い角質を除去し、新しい角質を皮膚表面に上げて
くるので、ニキビやニキビ跡にも効果を発揮します。

「ハイドロキノン」という薬と相性抜群!

またレチノイン酸は単体でもシミやシワに効果を発揮
しますが、「ハイドロキノン」という薬と一緒に併用
すると色素沈着にも効果を発揮します。メラニンの少ない
透明感のある肌にする事ができるんです。

「レチノイン酸でターンオーバーを早めてコラーゲンを
増やし、ハイドロキノンで肌のメラニン色素を除去する」

という相乗効果が期待できるので、ハイドロキノンと併用
すると黒ずんでしまったシミやニキビ跡にも効果的です。

レチノイン酸の副作用は?

レチノイン酸を塗ると2日、3日で肌が赤く皮がむけます。
しかし、これはレチノイン酸の好転反応なので2ヶ月程
するとかなり肌が綺麗になります。

レチノイン酸は細胞の核に働きかけてターンオーバーを
促進させるというものですので、奇形細胞ができる
可能性があります。

胎児に影響が出るので、妊婦には使用できません。

どこで入手できるの?

医師
医師の診断のもと、皮膚科で入手できます。

ただ、現状で悩んでいる症状に、レチノイン酸を
処方してくれるとは限りません。そんな場合は
医師の処方した薬に従いましょう。

また、ネットの個人輸入業者から入手する事が可能
ですが、値段も高く、信用できる業者も少ないので
オススメできません。

まとめ

レチノイン酸は、ピーリング効果のある成分です。

ニキビ跡やシワ、シミを消す効果は高いですが、
効果が強いので、合う人と合わない人がいます。

特に、妊婦の方が使用するのは、危険です。

医療成分なので、病院やクリニックなどでしか
処方されません。使用する場合は、医師の指導の
もとに、使用するようにしましょう。