江戸時代ぐらいまでの
昔と思ってください。

実際タイムスマシーンで
昔に戻ったわけではないので
江戸時代の女性に聞いた話ではないですが・・・

江戸時代は商売が繁盛していて
庶民は賑やかに暮らしていました。
当然江戸時代の女性は
美容に敏感になっていました。

昔から日本の女性は美容に積極的で
今でいうファッション雑誌などに
注目していたのです。

メイクの仕方やヘアースタイルの見本、
美容に敏感になっていたのですね。

「都風俗化粧伝」(みやこふうぞくけわいでん)は
江戸時代の美容バイブルで、
女性には必須の雑誌でした。
ここにニキビに関することが
多く掲載されているのです。

江戸時代の生活に知恵を
集めた本などにもニキビ対策に
さまざまな方法が取り上げられています。

もう、オワカリデスヨネ!江戸時代から
日本の女性はニキビに悩まされていたのです!!

この時代ニキビ=「面胞」(めんぽう)
といわれていたそうです。

ニキビの語源は、ニキビは顔にできる
赤い きびの実のようなもので
赤い=「丹(に)」きび=「黍」
また「肉黍」が転じて「ニキビ」と
なったそうです。

江戸時代=「面胞」、現代=「ニキビ」を
江戸時代の女性はニキビに悩みながら
どうやってニキビと戦っていたのでしょう?

江戸時代のニキビ対策とは

江戸時代の美容バイブルによると

・「馬歯筧」ばしけんと言う草
野草を煎じて水で洗顔する方法
草の成分が角質を柔らかくし、
肌を洗浄するという作用があったそうです。

・蜜陀草
古代から壁画に用いられた
顔料の密陀草「みつだそう」を粉にして、乳汁で溶き
寝る前に顔にぬり 朝落とすパックです。

・金化粧
唐の土に酒と水を混ぜ一夜ねかせて
顔に塗るというパック
お酒は肌を保湿して
アルコールの殺菌効果もあったようです。

江戸時代、ニキビに悩む女性たちは
様々な方法を行い
ニキビと戦っていたのですね。

江戸時代のスキンケアー

注目されていたものに
「花の露」:明治時代まで人気があったそうです
「美人水」:ヘチマの水で作ったもの
「江戸の水」:浮世絵師で有名ば式亭三馬が
発売していたそうです

クレンジングには
「ぬか」を使っていたようです
よく風呂屋では「糠」や「髪油」などが売られていました
女性は風呂屋に糠袋を持っていき、
風呂場でメイクを落としていたのです。

当時は「糠」は汚れを落とし、
肌をきれいにする効果があったのです。

江戸時代、風呂屋はちょっとした社交の場で
いろいろな情報を得られていたようです。
美容のことや
現在どんなものが流行しているか・・・

余談ですが江戸時代
ポイントメイクが人気でした。

活気があった江戸時代
女性たちはいろいろと
楽しんでいたのです
そういうところは現代女性も同じですね。

むかし、むかしの大昔から
きっと女性はニキビに悩んでいたのです。
お肌の悩みは何年たっても
完全になくならないでしょう。

いつの時代も女性は
ニキビに悩んでいたのですね。

平安時代の漢和辞典にも「邇岐美(にきび)」
の記載があるそうですし、
クレオパトラがニキビに悩んでいたという
書籍も目にしたことがあります。

ニキビに江戸時代も現代人も悩んでいます。

昔の環境は現在と違って大気汚染など
なかった思いますし
現代人のようにストレスも
なかったでしょう。

大気汚染や、ストレス、
紫外線などは現在と違っていても

年頃によるニキビ
加齢による肌トラブルは
あったに違いありません。

江戸時代にニキビに悩んでいた人
現在、ニキビに悩んでいる人

時代を超えて同じ問題を抱えているのですね。
美容の世界も日進月歩進化しています。

江戸時代のニキビの種類と
現代人のニキビが同じものなのか
わかりませんが。笑

きっと江戸時代の女性は現代人の
豊富な知識と美容の技術に
目をまん丸して驚くでしょう!!

そしてニキビに悩んでいることにも。