サルチル酸は角質をやわらかくする作用が
あります。また水虫菌(白癖菌)をおさえる
作用もあり水虫、イボやタコ、ウオノメの
治療に用いられています。

ニキビ用の化粧品に多く含まれています。

「それではニキビ跡への効果はあるのか?」
「ニキビ跡を薄くさせることはできるのか?」

実際、ニキビ跡に効果はあります!!!!!

ただ、ひどくなってしまったニキビ跡には
効果はありません。

サルチル酸はアクネ菌の細胞増殖を抑えたり
古い角質を剥がれやすくするために入って
いるんです。

サリチル酸でアクネ菌をやっつける!

サリチル酸は、洗顔料で使うのがオススメです。

洗顔料の成分表を上から見たとき、サリチル酸が
上の方に表記されているものは含有量が高いです。

作用古い皮膚を溶かして、角質を薄くやわら
かくします。やわらかくなった肌は化粧水や
美容液がよく浸透します。

ただ、洗顔する時は洗いすぎに注意が必要です。
もともと、サリチル酸は洗浄力が強く、洗いすぎ
は肌の本来の油分をとりすぎて乾燥します。

「乾燥肌」になると、皮膚の再生能力がみだれて
かえって問題を起してしまいます。

ニキビの原因となるアクネ菌は皮脂が大好きで
酸素を嫌う細菌です。皮脂や汚れがつまった毛穴は
アクネ菌の住まいとなり、繁殖します。

アクネ菌は皮脂を分解する時、脂肪酸を作り出し
その脂肪酸が“にきび”になります。

この時、紫外線を浴びると活性酸素が発生し
にきびが炎症してしまいます。
(紫外線は肌には本当にやっかいな存在です)

サリチル酸で消せるニキビ跡の種類

・赤み 
赤みを持ったぽつぽつとしたニキビ跡

・色素沈着
肌表面に茶や赤みをもったシミ
(炎症後の色素沈着)

・ケロイド
盛り上がった跡
皮膚の再生でコラーゲンが過剰に増えて
固まったものセルフケアで治せないそうです。
医療機関に相談ですね。

・クレーター
凸凹っと陥没した肌
炎症が毛穴だけでなく周辺にも影響したもの。
皮膚の構造の真皮でコラーゲン組織が破壊
されてできます。

こういったニキビ跡に効果的です。でも。
肌の内側から直すのですから、覚悟が必要
あせらず、じっくり取り組みましょう!

皮膚の構造でコラーゲン組織が破壊された
のですから肌の奥からの改善が大切です。

肌の新陳代謝は「約28日+自分の年齢」
かかるといわれていて何かの変化が出るには
それ以上はかかるということです

サルチル酸は化学薬品です
使用する洗顔、化粧水など
どの程度の含有量か気にしてください。

改善はあなた次第、時間をかけましょう!

まとめ

サリチル酸でニキビ跡は治るけど時間を
かけなくちゃダメ!!!