「あらーおかしい、肌がヒリヒリ?化粧水を
つけただけなのに頬がヒリヒリするけど
強い日差しを浴びたわけでもないし。」

「化粧品を変えていないし体質が変わって
しまったのか?何が原因なのか、ちっとも
思い当たらない。」

「頬がこんなにヒリヒリしてメイクをして
大丈夫なの?ほんと心配なんだけど。。。。」

“ちょっとまってください!!!”

その頬のヒリヒリそれは肌の角質層のはたらきが
乱れてしまっています!

肌がヒリヒリするということは皮膚が薄くなって
いるといことです。

また角質層も薄くなって「敏感肌」になって
しまったのです。

角質層が薄くなると皮膚の水分量が低下して
「乾燥肌」にもなります。皮膚が薄くなって
「敏感肌」「乾燥肌」のダブルパンチになって
しまったのです。

つまり角質層のはたらきが乱れて外の刺激
から肌を守るバリア機能、保護システムが
エラー状態なんですよ!!!

肌が薄くなった状態は外部の刺激が肌の
深いところに届き、ヒリヒリします。。。

頬のヒリヒリを改善する方法とケア

上記の外部要因から肌の保湿が欠乏する
ので、肌に十分な保湿を与えることが大事。

保湿には「セラミド」という成分がオススメ!

セラミドは肌の細胞同士を結合させ、潤いを
与えます。また水分を蓄える機能があり優れ
ものなのです。

ここで、肌は、どういう物質で保湿されている
のか見てみましょう。

皮膚⇒2~3%
天然保湿因子⇒17~18%
セラミド⇒80%

もう、ほとんどセラミドなんです!!!!!

なので、セラミド化粧品を選ぶことが
何よりのキーポイントですね。

でも、決して間違えないで欲しいのが
セラミドにはヒリヒリを治す効果は
ありません。

「ヒリヒリしないような状態に保湿する」
のがセラミドの役目です。

なので、セラミドでこまめに保湿しつつ、
ヒリヒリは自然治癒に任せましょう。

ヒリヒリするのは他の原因もあるかも

使っている化粧品が悪い

・合成界面活性剤
・防腐剤
・香料
・着色料
・アルコール
肌に必要な成分、皮脂、セラミド、
NHF(天然保湿因子)の保湿成分を削って
しまいます。

NHF(天然保湿因子)とは肌の保湿に欠か
せない細胞のことです。

単純に皮膚のこすりすぎも考えられますが、
こういった成分の入っている化粧品を使って
いるだけでも肌はヒリヒリしてしまいます。

洗顔のしすぎ

単純に洗顔のしすぎかもしれません。洗顔の
温度も注意です。

水洗いをして様子をみて、健康的は肌になる
までは化粧を控えましょう。あまり短期的に
構えずじっくり自分の肌と向き合いましょう。

まとめ

頬がヒリヒリする場合は、不純物がなるべく
入っていないセラミドの保湿液を使って自然
に治す力に任せましょう。

焦らず、新しい化粧品を使ったり、余分な手を
かけずにじっくり取り組みましょう。

なんせ、肌が回復する期間は
「28日+自分の年齢」なので。

そのほか基本は規則正しい生活、食事の
バランス、清潔な環境、行きすぎたぎ
スキンケアしないことです。

また、夏なら紫外線も原因になります。
UVクリームを塗って日焼予防しましょう。