グレープシードオイルはアメリカでは
女優さんがお肌や髪のケアに愛用して
いると話題になっているようです。

スーパーなどで気軽に手に入れる
ことができます。

美容、美肌にとっても良いです(*^_^*)

女優さんが愛用していると聞くと
気になりますよね?

グレープシードオイルは、その名
の通り、ぶどうからつくられます。
種が原料になります。

ワインを作る過程で出るたくさんの
ぶどうの種は、もともとは捨てられて
いました。

これを再利用してつくられたのが
グレープシードオイルです。

原料になるぶどうは、ワインのために
栽培されたものなので世界中に
原料が出回っています。

このため、アルガンオイルやホホバオイルに
くらべてとても安く手に入ります。

しかも、お料理にも使えます!

合わなかったら食べちゃいましょう(笑)

サラッとした油で
独特の油のニオイもありません。

直接肌へつけるのも
抵抗なくいけちゃいます。

「具体的な使い方は?」

「クレンジングには使える?」

その使い方はさまざまです。

洗顔後の保湿や
顔や体のマッサージオイル
などに使えます。

髪を洗う前に、地肌にもみこむよう
なじませ、シャンプーで洗い流すと
いう使い方もおススメです。

まつげの育毛効果もあります。

もちろん、クレンジングもOK!

クレンジングに使う場合、
顔全体に多めにオイルをつけ、
優しくつつみこむようになじませます。

このとき、ゴシゴシとこするのはNGです!

小鼻のまわりなど毛穴が気になる
部分は念入りにマッサージしましょう。

落とすときは優しくティッシュオフか
洗顔で洗い流してください。

一番良いのは、蒸しタオルを使うことです。

蒸しタオルで毛穴を開かせてから
オイルを優しくふきとり、いつも
通りの洗顔をしてください。

お好みの精油を混ぜて使う
こともできます。

お好きな香りでリラックスできます。

あなただけのオリジナルの
クレンジングオイルを作って
みてはいかがでしょう?

グレープシードオイルのイイところ

グレープシードオイルは、ビタミンEと
ポリフェノールがたくさん含まれます。

含まれる量は、オリーブオイルの
およそ2倍です。
スゴイ!!

ビタミンEは、お肌の血行を良くします。
不足すると、乾燥やシミの原因になります。

また、活性酸素(かっせいさんそ)の
はたらきをおさえる効果もあり、
肌の老化を防ぎます。

ポリフェノールにも同じく
活性酸素をおさえる効果があります。

細胞の変化や異変をおさえ、
安定させるはたらきもあります。

肌のターンオーバーをうながす
手助けになります。

どちらも美肌には欠かせない栄養素ですね!

また、コレステロールがゼロで
摂取しやすいです。

他のオイルと比べても、
グレープシードオイル自体が酸化しにくい
性質をもっています。

もともともつビタミンEが豊富だからです。
なので、酸化防止剤が入っているものはありません。

食べてもキレイになれちゃうオイルなんです☆

ニキビの人はちょっと注意

植物性で、サッパリした使い心地の
グレープシードオイルです。

オイリー肌の人はもちろん
ニキビ肌にも良さそう!?

ちょっと、待ってください!

少し、注意してもらいたい
点があります。

植物性のオイルはいろいろな
種類があります。

それと同じく、構成される成分や
機能もさまざまで、どれも栄養価が高い
ものばかりです。

栄養が良いものは、ニキビ菌も
大好物です。

その栄養をエサに、ニキビ菌を
活性化させてしまうこともあります。

グレープシードオイルも、ビタミンEが
豊富でリノール酸やオレイン酸がベースと
なっています。

ニキビ肌の方は、注意してください。

安くて手に入れやすいので、
オイル美容初心者さんには
ピッタリのオイルです!

グレープシードオイルで、キレイデビュー
しちゃいましょう☆