スキンケアとは、お肌を清潔にして
美容成分を与えてあげることです。

洗顔は、そのスタート地点!
すべてのスキンケアの基本中の
基本だと思います。

当たり前ですが、
洗顔は毎日しますよね?

毎日使う洗顔料、どんなものを
使っていますか?

また、なにを基準に選びますか?

ヒアルロン酸配合
酵素入り
弱酸性 などなど

種類はた〜くさんあります。

パッケージがかわいいから
大手メーカーのものだから
安いから

なんて理由だけで洗顔料を選んでいませんか?

化粧水やクリームなどにも
同じことが言えますが

大切なのは、
・どんな成分が含まれるか
・自分の肌質に合ったものか

ということです。

似たような商品でも
配合成分がちがうこともあります。

実は合わない成分のものを
使い続けている、
なんて方もいるかもしれません!?

界面活性剤と洗顔料

界面活性剤(かいめんかっせいざい)
って知っていますか?

洗たくや食器洗いの洗剤が思い浮かびませんか?

界面活性剤は、混ざらないもの同士を
まぜる、というはたらきをします。

わかりやすくいうと、
ふつう水と油は混ざりません。

でも、界面活性剤を使うと混ぜることが
できるようになる、というわけです。

洗顔料でいえば、泡立てた洗顔料が
汚れや皮脂にくっつく(=混ざる)
といった感じです。

界面活性剤にあまりいいイメージがない・・・

なんて思っていませんか?

でも、ほぼすべての洗顔料に含まれていて
肌に負担になるものばかりではありません。

ただの界面活性剤は、問題ありません。

自然界にも存在していて、
植物由来の界面活性剤もあります。

肌へダメージになってしまうおそれがあるのは
「合成界面活性剤」です。

合成界面活性剤は、洗浄力が
とても強いです。

必要な皮脂や皮ふが
もともと持つ保湿成分のセラミド
まで洗い流してしまうおそれがあります。

セラミドがなくなってしまうと、肌の
バリア機能が弱まってしまいます。

バリア機能が弱まれば、バイ菌の侵入や
外からの刺激でニキビや肌荒れを
起こします。

乾燥肌の原因にもなります。

また、必要な皮脂が失われると
過剰な皮脂が分泌され、ニキビの原因にも
なってしまいます。

また、洗浄力が強いと肌への刺激になります。

敏感肌やアトピーの方は使わないで
ください。

合成界面活性剤の中でも
石油由来のものがあります。

石油由来のものは、浸透力がたいへん強く
体内でタンパク質を
壊してしまうそうなんです。

タンパク質の破壊は、アトピーや湿しんの
原因になります。

とくに、石油由来の界面活性剤は
使わない方がいいです。

〜硫酸
〜グリシン
〜グルタミン

という成分は、すべて
石油系界面活性剤です。
さけたほうがいいでしょう。

中には、安全性を重視して開発された
製品もあるので、すべてが悪い
とはいえません。

洗顔料、なにを選んだらイイ?

今現在肌トラブルをお持ちの方は、
界面活性剤(合成、天然どちらも)の
入っていないものがいいです。

石けん系やパウダー系の製品は
界面活性剤を含まないものが多く、おススメです。

肌タイプによって、洗顔料を選ぶ
ポイントは変わりますが、共通していえることは

1・洗浄力の強すぎないもの
2・余計な成分が入っていないもの
 です!

1は、先にお話しした通り、強い洗浄力は
刺激であり必要な成分まで洗い流します。

2は、洗顔はあくまで汚れを落とすのみです!

保湿や美白など、美容効果は
化粧水やクリームにおまかせしましょう!

洗顔料に限らず、
国内で売られているものは
配合成分をすべて表示する義務があります。

買う前に、ぜひチェックしみてくださ〜い!

正しい洗顔で、トラブルのない
すこやかなお肌を目指しましょう☆