アルブチンはニキビやニキビ跡に効くのか?

「ニキビ対策にもなって
美白もできるものってないの?」

「アルブチンってニキビに効くの?」

あまり聞きなれないことばですね。

シミやしわに効く、と最近話題になっている
成分です。

わりと低価格な商品が多く、
種類も豊富です。
気軽に手に入りやすいかと思います。

美白にはたいへん効果的です!

ただ、現在進行形でできている
ニキビには残念ながらあまり
効果がないようです・・・

色素沈着には高い効果があるようで、
炎症によるニキビ跡には
効果があるようです。

アルブチンの正体にせまる!

さて、そのアルブチンですが
いったい何者なんでしょう?

アルブチンは、ナシやコケモモ
ウワウルシといった植物に
含まれている物質です。

ハイドロキノンという成分に
ブドウ糖がくっついたものです。

ハイドロキノンというものもまた
美白に効果のある成分で、植物や
コーヒー、紅茶などに入っています。

「肌の漂白剤」とも呼ばれています。

ハイドロキノンは、漂白剤といわれるよう
劇的な効果を持っています。

でも、物質そのものが不安定で取りあつかいが
むずかしいものでした。

副作用も強く、かぶれやかゆみ
白斑(はくはん)という肌の色が
不自然に白くなる、といったケースが多くありました。

効果が強力すぎて、2001年までは医師の
処方なしでは手に入れられませんでした。

現在も、濃度の高いものは皮ふ科でのみの
取りあつかいになります。

そこでできたのが、アルブチンです。

ハイドロキノンにくらべると
効果は少々落ちてしまいます。

ですが、より自然な成分と
いわれ副作用も少なく、肌への
負担も少ないものになりました。

その効果は厚生労働省にも認可されています。

シミやそばかすの原因であるメラニン色素が
できるのに関わる酵素に
チロシナーゼというものがあります。

アルブチンは、体内でそのチロシナーゼ
のはたらきのじゃまをするんです

使い続けることで
メラニン色素ができにくくなる
というわけなんですね〜。

アルブチンは、「α」と「β」の
2種類があります。

かんたんにいうと、
αは人工的に作られたもので
βは天然成分のものです。

αは、βにくらべてお肌になじみやすく
安定性が高いです。

αの方が少々高価であることが多いですが
美白効果はβの約十倍で、安全性も
αの方が高いようです。

成分表をよく確認して購入してください。

ニキビ跡へのアプローチ

はじめにいいましたが
アルブチンはニキビ跡ケアには
有効です。

ただし、色素沈着のよるもののみです。

チロシナーゼをおさえ、同時に炎症ニキビ
のまわりでできる活性酸素も一緒に
やっつけてくれます。

このことから、ニキビができてしまった
ときにメラニン色素を作らない、予防効果も
期待できるんです。

アルブチンは、ビタミンC誘導体と
一緒につかうことをおススメします。

ビタミンCはシミやくすみを予防し
皮脂の分泌をコントロールします。

美白・美肌に欠かせない成分の
ひとつです。

ビタミンC誘導体は、ビタミンCを
安定させより良く吸収できるよう
改良されたものです。

アルブチンは、メラニン色素を
「つくらせない」効果があり

ビタミンC誘導体はメラニン色素を
「つくらせない」+「排出する」
というはたらきがあります。

アルブチンとビタミンC誘導体の
両方が入った化粧品もたくさん売られて
います。

ぜひ、アルブチンとビタミンC誘導体
の二刀流でのケアを試してみてはいかがですか?

それから、アルブチンをとり入れる前に
心がけて欲しいことがあります。

それは、普段の紫外線対策を
しっかりやって欲しい、という点です。

美白はもちろん、ニキビやニキビ跡にも
紫外線は大敵です(>_<) 日焼け止めを使うのはもちろん 帽子や日傘などを合わせて しっかり対策しましょう。 ひごろのケアにプラスアルブチンで 理想の美肌を手に入れてください☆