ドラッグストアなどでよく
みかけるAHA洗顔料。

とても種類が豊富です!

「はじめて聞いた!」
という方もいると思うので
簡単に説明します。

AHAとは、フルーツ酸といって
その名のとおり、果物からとれる
ものが多いことからそう言われます。

クエン酸やリンゴ酸
シトラス酸、乳酸などの総称です。

天然由来なので、体にやさしいです。

AHA洗顔料とはそのフルーツ酸が
入ったピーリング洗顔料です。

ピーリングとは、古くなった角質
がはがれずに残ってしまったものを
ピーリング剤で落とす美容法です。

ニキビやニキビ跡のケアに
使われることが多いです。

シミやくすみにも効果的です。

AHAは皮ふ科やエステサロンでも
使われます。

市販のAHA洗顔料では、
エステサロンのものより
効果は下がります。

濃度も、うすく作られています。

ですが、そのぶんお肌への刺激や
負担は少ないものになっています。

お肌が弱い、敏感肌の方も
安心して使うことができます。

「じゃあ、毎日使ってもいい?」

いえいえ!

いくらエステサロンのものより
効果や濃度がゆるやかなものとはいえ
毎日はいけません。

毎日行ったり
いちどに長い時間マッサージするのは
お肌への負担が大きいです。

お肌が乾燥しやすくなり
肌荒れ、赤ら顔の原因になることが
あります。

週に1〜2回の使用で十分
効果があります。

週にいちどの集中ケア!
というかたちで使うのがベストです☆

AHA洗顔の方法

使い方はとってもかんたんです☆
おさえておきたいポイントもあります。

週にいちどのケアなので
ポイントをしっかりおさえて
効果的なものにしましょう。

まずはいつもの洗顔と同じく
ぬるま湯で顔を濡らします。

表面の皮脂や汚れをサッと落とします。

ここで洗う行程に入っても問題ないですが
より効果的にするため、もうひとプロセス!

蒸しタオルやスチーム顔にあてて
毛穴を開いてあげましょう。

水とぬるま湯で交互に顔を
流してもいいです。

ただし、熱いお湯と冷たい水は使わないでください。

冷水は毛穴を閉じてしまいます。

熱いお湯を使うことは、しわや
たるみの原因です。
お肌の負担になるのでやめてください。

毛穴を開いたら、洗顔に入っていきます。

手でAHA洗顔料をしっかり泡立ててください。
泡立てネットを使うとよく泡立ちます。

AHA洗顔は、泡立ちが
悪いものが多いです。

泡に少し硬さを感じるていどまで
泡立ててください。

泡立てたら、泡で顔をつつみ込み
やさしくマッサージするように
洗ってください。

このとき、ゴシゴシとこすったり
力をこめて洗ってはいけません!

泡が顔全体に行きわたったら
2〜3分そのままにしてください。
パックみたいですね☆

あまり長い時間放置するのは
やめてください。

お肌を傷める危険があります。

そして、最後にきれいに洗い流します。

洗顔料が顔に残ったままでは
肌荒れの原因になります。

しっかり洗い流して清潔なタオルで
ふき取ってください。

ピーリング後は、一時的に敏感になります。

そのままにしておくとたいへん
乾燥します。必ず保湿をして
仕上げてください。

気をつけたいことは?

AHA洗顔はチューブタイプのものと
石けんタイプのものがあります。

石けんタイプのものは
ふつうの石けんより溶けやすい
性質があります。

湿って溶けかけた状態では
雑菌が発生しやすく、不潔です(>_<) 洗面所やバスルームに置いたままにせず ケースに入れてなるべく乾燥した 状態で保管してください。 それから、先ほどは週に1〜2回と いいましたが、お肌の調子が良ければ 2週間に1度でもOKです。 お肌の具合と相談しながら 行うようにしてください。 または反対に、皮ふ炎を起こしているとき などは行わないほうがいいです。 方法はあまり変わりませんが、AHA洗顔は ふつうの洗顔とはちがう、という ことを忘れないでください。 AHA洗顔料を上手に使って キレイ肌になってください☆