できてしまったニキビやニキビ跡・・・
1日でも早くキレイに治したいですよね!

ニキビはともかく、
「跡」ってとてもやっかいです。

ケアを続けても、なかなか
よくならないですよね。

なぜなら、皮ふの深〜い部分が傷ついてるからです。

皮ふの深い部分を、真皮(しんぴ)といいます。
ここを治すには、長い期間が必要です。

真皮は生まれ変わらない?

「ターンオーバー」ということばを
聞いたことがありますか?

ターンオーバーとは、人間の体の細胞が
生まれる→なくなる→生まれる・・・
というサイクルのことです。

お肌にも日々、起こっているんです。

お肌では、新しい細胞ができると
保湿するはたらきを得る、などして
成長します。

そして、お肌で外からの刺激から守る
バリアのような役目を果たし、最後は
アカになってはがれていきます。

このターンオーバー、美肌への
道の重要なカギになるんです!

肌の表面の表皮(ひょうひ)
では約28日周期でターンオーバーが
おこなわれます。

しかし・・・

真皮はと〜ってものんびり屋さん
(;一_一)

ターンオーバーに約5〜6年も
かかります・・・

真皮にはターンオーバー機能すらない、
という研究結果もあるみたいです。

てっとり早く結果を出す方法として、
レーザー治療やケミカルピーリングが
あります。

しかし、この2つはお肌にとって
すごく負担です(>_<) しかも費用も高い・・・ でも、あきらめるのは早いです!! 時間がかかるからこそ、こつこつとケア して、回復力の高い美肌を目指しましょう! 肌質を改善しつつ、 数年後のキレイを作りたいものです☆ 真皮には、線維芽細胞(せんいがさいぼう) という細胞があります。 コラーゲンやエラスチン、 ヒアルロン酸という美肌に必須な成分を つくるはたらきをもちます。 この細胞を衰えさせないことが大切です。 しかし、この細胞や真皮に直接 アプローチするスキンケア用品は、 残念ながらありません。 薬事法という法律で、真皮に届くものは、 「薬」とみなされます。 普段の洗顔と保湿を基本に、線維芽細胞が 嫌う紫外線やストレスへの対策を 万全にしましょう。 とくに紫外線は、表皮をこえて真皮まで 届いてダメージを与えます。 日焼け止めはもちろん、 帽子や日傘をあわせて使うといいです。 しっかり対策してください!

食べる真皮ケア

そしてもうひとつ、
大切なものは、「コラーゲン」です。

いちどは聞いたことがあると思います。

コラーゲンは、線維芽細胞でつくられます。

肌のハリや弾力には欠かせない
成分です。

コラーゲンを、サプリや食べ物から
摂取することも、大切です。

コラーゲンを多く含む食品は、
うなぎや牛すじ肉、鶏ムネ軟骨
サンマやレバーなどです。

レバーはちょっとクセがあるので
苦手な人も多いと思います。

ショウガやニンニクを上手に使って
調理すれば、独特の臭みがおさえられます。

牛すじ肉は、スープがおすすめです。

牛すじ肉からうまみがたくさん出ます。
野菜をたくさんいれて、ビタミン
ミネラルも一緒にとりましょう☆

ほかにも、エビやイカの魚介類にも
多く入っています。

魚介類は、ビタミンやミネラル、
DHAやEPAといった
必須アミノ酸や脂肪酸も豊富です。

お肌だけじゃなく、体にもいいです!

どんなお肌の悩みにもいえること
ですが、美肌を作るには、

1・規則正しい生活
2・バランスのよい食事
3・キレイになりたい、という気持ち

が大切な基礎になってきます!

現代人は忙しいですが、
1と2はぜひ少しづつでもトライしてみて
ください!

美肌への「近道」はありません。
毎日の小さな気づかいケアが
美肌につながります☆

健康になれば、自然と美肌が
ついてきますよ(^−^)