マーガリンやマヨネーズ
スナック菓子に、あま〜いケーキ!

どれもおいしくてついつい食べちゃいますよね!

「でも、こういう食品って肌に悪いんじゃない?」

そうなんです。これらの食べ物は
「トランス脂肪酸」が多く含まれます。

肥満にもなりますし、
なにより・・・

食べ過ぎは、美肌や美白の天敵!(>_<) お肌だけじゃありません。 あなたの健康にも、悪いんです。 トランス脂肪酸は、天然のものと 人工のもの2種類あります。 悪いといわれているのは、人工のものです。 天然のものは、牛肉や羊の肉、乳製品に わずかに入っています。 人工のトランス脂肪酸は 「狂った油」 「食べるプラスチック」なんて呼ばれます。 ただ、プラスチックを食べているのと同じ、 プラスチックでできている、 というわけではありませんよ。 プラスチックは、人工的に作られ、 熱で溶け冷えて固まります。 そういう意味で、プラスチックと同じ、 といわれています。 でも、トランス脂肪酸が体に悪い のはまちがいないです。 大量にとると、 肌トラブルや死亡につながる 病気の原因にもなります。 なんだかコワ〜い感じですね・・・

どうしてトランス脂肪酸ができちゃうの?
影響ってどんなもの?

固体や半固体の油脂を作るとき、
加工法のひとつに「水素添加」
というものがあります。

この水素添加によって、マーガリンや
ショートニングができます。

どっちも、ケーキやパンの材料でおなじみです。

もうひとつは、天然の油をしぼるとき
イヤなニオイを取るために、高温で処理します。

高温処理すると、目に見えない変化が
起こり、構造が変わって
トランス脂肪酸ができる、というわけです。

トランス脂肪酸は、善玉コレステロールを
減らし、悪玉コレステロールを増やします。

悪玉コレステロールが増えると、血流
が悪くなり、動脈硬化につながります。

動脈硬化は、いろいろな病気を起こします。

心筋こうそく、狭心症
脳こうそくといった危険な
病気の原因でもあります。

ほかにもトランス脂肪酸は、
人間の細胞に悪さをします。

がん、糖尿病といった生活習慣病、
女性の不妊の原因ともいわれています。

そして、肌荒れです(;一_一)

トランス脂肪酸は、皮ふの細胞
にも悪さをして、体内にたまると
なかなか出ていきません。

免疫の機能を弱らせます。

また消化するため、たくさんの
ビタミンとミネラルを使います。

そして、ニキビや
アトピー、アレルギー
といった皮ふトラブルを起こします。

ヨーロッパやアメリカでは、
使用量や食品に表示することが
きびしく義務付けられているところもあります。

油と上手に付き合う!

油脂そのものは、人が生きるうえで
必要なエネルギーの源です。

油脂は体の細胞膜を作る成分になります。

油の入ったものを何も食べない!
ということは絶対やめてください。

質が良く適量の油なら、体にも肌にもいいです☆

まずは、ふだん食べている食事に
少しでも気を使ってあげることから
はじめましょう!

バランスの良い食生活は、
健康にもお肌にも良いです♪

トランス脂肪酸の排出に役立つ
ビタミン、ミネラルを十分とるよう
にしましょう。

ファーストフードはほどほどに・・・

それから、お料理には
オリーブオイルを使うといいです(^−^)

外食ではむずかしいですが
自宅で使う油はなるべく天然
のものにしたいですね。

「えごま」という植物からとれる
えごま油もおすすめです。

においや味が無く、サラッとしています。

クセが無いので普段の料理にも
取り入れやすいですよ!

トランス脂肪酸を完全に断つのは
むずかしいと思います。

でも、ちょっとの気づかいで
お肌や健康は変えることができます!

まずは気にすることから、はじめてみませんか?