教えて!季節の変わり目のニキビ対策はどうしたらいい?

暑〜い夏は紫外線!
寒〜い冬は乾燥!

太陽がギラギラと照りつける夏の肌の
悩みといえば紫外線です!

紫外線を受けると、角質が厚くなり、
毛穴に入った汚れや雑菌がたまりや
すくなります。

空気が乾燥する冬は、肌の水分が失
われて硬くなった角質が毛穴をふさ
いでしまいがち。

そう、ニキビの敵は一年中いるんです・・・

でも、恐がることはありませんよっ☆

毎日の基礎ケアと季節に合わせた対策で、
1年中ツルツル素肌美人になっちゃいま
しょう!!

まず、おさえておきたいポイントは3つ!

・洗顔で汚れをしっかり落とす
ニキビの原因となる余分な皮脂や雑菌、
老廃物はしっかり洗い流したいですね。

洗顔前には手を洗い、洗顔料をよ〜く
泡立てて優しくマッサージするように
洗いましょう。
 
・洗顔後の保湿
洗顔のあとは、化粧水&乳液でしっかり
保湿しましょう。

保湿がきちんと行われていれば、過剰な
皮脂の分泌を防ぐことができます。

・生活習慣の見直し
バランスの良い食事や充分な睡眠、スト
レスをためないように過ごすことも、
りっぱなニキビ対策です。
 
この3つは、季節に関係なく毎日心がけ
てくださいねっ!
 

じゃあ、季節に合わせたケアって何をしたらいいの?

夏は、暑さによって汗や皮脂がたくさん
分泌されて、顔がベタベタになりがち・・・
 
だからといって、何度も洗顔するのはNG。

必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
洗顔は、朝晩の1日2回がベストです。
 
どうしてもベタつきが気になる場合は、
水洗いをするか、あぶらとり紙を上手に
使うとgoodです☆
 
それから、冷房の効いた部屋は空気が
乾燥しています!

ベタつくから・・・といっても保湿は
サボらないでくださいね。
 

次に、夏の紫外線対策です!

「ニキビのある肌に日焼け止めを塗るのは、
良くないんじゃないの?」

と、思いがちですが紫外線に対してノー
ガードではニキビの炎症の悪化につながる
こともあるんです・・・。
 
たしかに、日焼け止めの中にはニキビに
良くない成分を含んだものもあります。

そこで、日焼け止めの上手な選び方を
紹介しちゃいます!

・紫外線吸収剤の入っていないもの
紫外線吸収剤は、ニキビ肌や敏感肌の人
には刺激が強い場合があります。

また、アレルギーの原因になることも。
  
・オイルフリーのもの
日焼け止めの中には、油分が多く入って
いるものがあります。ニキビの原因にな
ることがあるので、オイルフリーの日焼け
止めがオススメです。
 
・無香料、無着色のもの
できるだけ、肌への負担は少ないほうが
いいです。

優しい成分のものを使ってみてくださいね。

冬のケアはどうやって!?

冬は、空気が乾燥していておまけに寒さから
体の抵抗力も落ちやすい季節です。

肌は乾燥を感じると、表面が硬くなります。

硬くなると、毛穴がつまりやすくなるんです。

乾燥から守るため、皮脂をいつも以上に
分泌させるはたらきもあります。

その結果、多くの皮脂を毛穴に閉じ込め
てしまいニキビの原因になってしまう
ということが起こりやすくなります。

乾燥からお肌を守るには、とにかく保湿
成分のしっかりした化粧水や乳液を使って
ください。

乳液のあとは、うるおいを保つ成分の
ヒアルロン酸やセラミドの入ったクリームや
美容液を使うのもオススメです!

加湿器を使って室内の湿度を高めるのも
お肌の乾燥に効果的です!

さきほど、寒さで抵抗力が落ちやすいと
言いましたが寒さや冷えでニキビが悪化
することもあるって知っていますか?

体が冷えることで血行が悪くなり、内臓
の冷えて便秘を引き起こしやすくなったり、
新陳代謝が下がったりしてしまいます。

お風呂で体をしっかり温めることや体を
冷やさないような食事を心がけるなどして
冷えを撃退しましょう!

まとめ

季節の変わり目は、体もお肌にも負担が
かかります・・・

季節に合わせた正しいケアをして、憂鬱
な時期が来てもつるつる素肌でいたいですね☆